ドキンちゃんと猫の意外な共通点!?

突然の訃報

去る2017年11月、ドキンちゃん役の声優:鶴ひろみさんが亡くなりました。

大変な状況の中、最期まで周りに迷惑かけまいとして亡くなったらしい事や、「アンパンマンファミリー」を中心とする声優さんたちの追悼コメントがまた涙を誘います。謹んでお悔み申し上げます。

ニュース等では「ドキンちゃんの死」として報道された感があり、「ドキンちゃんって本当にみんなから愛されている国民的人気キャラクターなんだな…」と思いました。

かくいう私も突然の訃報に衝撃を受け、あの日以来一日もドキンちゃんの事が忘れられなくなってしまいました…。

改めて巷を見回すと、アンパンマンのグッズがあるところには必ずと言って良いほどばいきんまんやドキンちゃんの姿もあります。

「憎めない悪役」なら他にも沢山いると思いますが、「主役並に愛されているキャラクター」というのはなかなか珍しいのではないでしょうか。(例えばアニメ版の「ポケモン」にも「ロケット団」という「憎めない悪役」は存在するがしかし、ピカチュウのグッズが巷に溢れている一方、ニャースのグッズはあまり見かけない)

一体何故、私たちはばいきんまんやドキンちゃんに惹かれるのでしょうかー―。

「滅ぼす」ためではなく「共存する」ための悪

そもそもばいきんまんやドキンちゃんは他のヒーローアニメの悪役とは存在意義そのものが違っていると思います。

訃報を聞いた後、新旧のドキンちゃんの声目当てでしばらく「アンパンマン」のアニメを見ていましたが、改めてアニメを見てみると、ドキンちゃんは大抵ばいきんまんと一緒に町でイタズラしていたり、グルメキャラを襲ってグルメを堪能したりしています。

もしくは、ばいきんまんが悪さをする原因そのものだったり(ワガママで男を振り回す)…かと思えば、変装して町の皆と仲良くしていたり、食パンマンにLOVEアタックしていたり…とその生き様はまさに「気まぐれ」そのもの。

しかし、ドキンちゃんの抱く野望(?)と言えば、「美味しいものが食べたい」「綺麗な物や珍しい物が欲しい」「かわいい物をかわいがりたい」…等々実に他愛のないものばかり。恐らく誰もが日常的に抱いている欲求ばかりです。

…一方、相方のばいきんまんの野望と言えば「アンパンマンを倒すこと!」(ライバルに勝つ!)と実に分かりやすい。

ここが、「世界征服」とか「世界の滅亡」とか、「壮大だけどなんだかボンヤリしていて現実感の薄い」野望を掲げる一般的な(?)ヒーローアニメの悪役達と違うところです。

そして重要なのがもう一つ。

アンパンマンは決して彼ら(ばいきんまんとドキンちゃん)を殺さないという事です。それは単に「本作が幼児向けのヒーローアニメだから」ではなく、「逆転しない正義とは『献身と愛』だ」という作者であるやなせたかしの深い哲学に基づいています。

実は、映画「いのちの星のドーリィ」でばいきんまんは一度だけ「本当にアンパンマンを殺す事」に成功します。しかしそれは、「ばいきんまんの作ったメカが暴走したから」であって、間接的には関わっているものの、ばいきんまん自身が直接殺したワケではないのです。

ここにまた「ばいきんまんも本当はアンパンマンを殺す事などできないのだ」

という一つの結論を見出す事もできます。

アンパンマンやばいきんまんは、普段は戦っているけれど、時として協力し合う事もあります。

元々半年で終わる予定だったこのアニメの「最終回になるはずだったお話」はドキンちゃんを救う為にアンパンマンとばいきんまんが協力しあう話だったそうです(自分で実際に見た事は無いので、機会があれば見てみたい…)

「最後には滅ぼされるか、主役側に懐柔されて終わる」一般的なヒーローアニメの悪役とは違い、ばいきんまんやドキンちゃんは最後まで「あるがまま」の姿を肯定されて生きています。

彼らは敵であり、味方でもあり、共に同じ世界を生きる「仲間」なのです。

日々戦いながらも時には協力しあう、アンパンマンとばいきんまんの様に善と悪が「共存」する姿は一人の人間の精神構造にも通じるものがあると思います。

誰の心にも『アンパンマン的な』優しい心はある反面、ばいきんまんやドキンちゃんのような欲求も抱えている事でしょう。

つまり、ばいきんまんやドキンちゃんは、多くの人にとって(私自身含めて)ユングの心理学で言うところの「シャドウ(抑圧された願望)」の体現者なのだと思います。

誰だって本当は、「もっと自分に正直に、自由に生きたい」

その欲求をアニメの中で叶えてくれるのが、ばいきんまんやドキンちゃん。

しかし、二人はやり過ぎて周りに迷惑をかけてしまい、アンパンマンから「お仕置き」を受けてしまいます。

けれどその欲求は尽きる事なく、日々お仕置きされながらも、決して滅ぼされることなくしぶとく生き残り続けています(そもそもばいきんまんやドキンちゃんの抱く欲望は人間が普遍的に抱えているものなので滅びようがない)

…まぁつまり、「ばいきんまんもドキンちゃんも、悪役だけど多くの人にとって共感できるキャラ造形だから好かれているのだと思います」的な話でした。

ドキンちゃんと猫の共通点

どちらも顔が丸く、目が大きくとても愛らしいビジュアルをしています。

尻尾もあるよ(笑)

ドキンちゃんと猫

性格はワガママだけど優しいところもあり、何より、誰よりも自分に正直に生きています。

行き詰った時や生き辛さを感じた時などは、ドキンちゃんや猫の生き様を見習うと良いのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です