アルバイトの不適切動画騒動に対するモヤモヤ

くら寿司のアルバイトによる不適切動画騒動…「バイトテロ」という名称で話題になっております。

それに関するいくつか記事を読みましたが、私自身の見解も書いてみようと思います。

なお、私はこの手の問題に対する専門家ではありませんし、経営者としての経験もありません。消費者及び労働者側としての目線のものになります。

安い賃金で人を使う事はリスク

まず、第一に言われているのが賃金の問題。

従業員による「不適切行動」が問題になるのはいずれも「非正規雇用による低賃金労働者」なのだそう。

経営者としては反論があるかもしれませんが、「安い給料で使われる職場に愛着が湧かない」というのは誰しも想像がつくでしょう。

だから「バイトテロを防ぎたければ労働者の給料をあげるべし」という話になるのですが、実際問題、企業が安価にサービスを提供して利益が出るのは、従業員が安い(最低賃金レベルの)給料で働いてくれるから。

企業利益という視点で見ると「従業員の賃金をあげてしまうと経営が困難になる」というリスクがあるのだそう。

だから「賃金を上げればいい」と一言で済む問題ではないそうです。

「ならばそんな企業潰れてしまえ」とは言いません。生きている以上、毎日食費は掛かります。そんな中、安価に料理を提供してくれる外食産業はとても有り難い存在です。

結局のところ、安価な外食産業がなくなると困るのは私たち庶民ではないでしょうか。

最低賃金の学生アルバイトを訴えるのはいかがなものか

上述の通り、企業が安価にサービスを提供でき、消費者がそれを享受できるのは「安い賃金で働いてくれる人達がいるから」です。

そして、今回問題になっている相手は「学生」です。

「学生」という、社会的に一番弱い立場の人を低賃金で利用して利益を得ながら、都合が悪くなったら訴えて高額な賠償金を請求する、という事には賛成できません。

株価が下がったり、利益が下がったり、実際に損害を被っているわけだから、訴えたくなる企業側の気持ちも分からないわけではないです。

しかし、訴訟を起こす事がくら寿司さんの利益になるとも思えないのです。

何故って?

雇われて働く以上、悪気は無くてもミスを犯してしまうリスクは誰にでもあります。

給料は最低賃金レベル、にも関わらずミスを犯したら訴訟を起こされて高額な損害賠償請求をされる恐れがある…自分だったらそんな企業で「働こう」と思うでしょうか。

近年、企業の人手不足倒産がニュースになっております。「バイトがやらかした」からと言って訴訟を起こしたところで、人手不足になるリスクが高まるだけではないでしょうか。

受け入れるしかないのでは…?

では、どうすればいいのか。

考えられる解決策としては、従業員の給料を上げてサービスの値段も上げる事です。

それで利益が出るのかは私には分かりません。

しかし、「それが不可能」というのなら、「低賃金で人を働かせて安価にサービスを提供する事には相応のリスクが伴う」という事を企業だけでなく私たち消費者側も認めて受け入れるしかないでしょう。

不適切動画が投稿されたら気持ちが悪いと思う、それは仕方ありません。しかし、一瞬「気持ち悪い」と思ってもそれ以上気にしたり騒いだりしないという事です。

「人を安い賃金で使うという事はそういう事なのだ」と容認する必要があるでしょう。

…とはいえ「気持ち悪いものは気持ち悪い」と言われてしまえば反論の余地はありませんし、この方法はあまり現実的ではないかもしれません。

しかし、全部は無理でも、やはりある程度は受け入れる必要があると思います。

今回の例で言えば、「問題の魚は廃棄処分し、客には提供していません」と説明しているのだから「それでもう許してあげようよ…」というのが個人的な意見です。

今回参考にした記事の中にもありましたが、これはアルバイトと企業だけの問題ではなく、社会全体の問題だという事です。

まとめ

  • 安価に人を使うことはリスク
  • 企業が安価なサービスを提供できるのは安い賃金で働いてくれる人達がいるから
  • 消費者が安価なサービスを享受できるのは(以下同文)
  • 最低賃金で使っていた相手に高額な賠償金を請求するのはいかがなものか
  • 悪気はなくてもミスを犯してしまうリスクは誰にでもある
  • 企業が問題のアルバイト従業員を訴えたい気持ちは分からなくもないが、訴訟を起こしたところで人手不足になるだけでは…?
  • 不適切行動の解決策は、労働者の賃金及びサービスの値段をあげる事
  • それができないなら企業も消費者もリスクを受け入れるしかない
  • この問題はアルバイトと企業だけでなく、社会全体の問題

参考記事

この記事を書くにあたって参考にした記事のURLを貼っておきます。

とくに最初の2つがオススメです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20190210-00114287/

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4814528?news_ref=top_20

https://blogos.com/article/357032/

https://blogos.com/outline/357230/

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190212-00114533/

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です