学校に正しい整列方法なんてない

「生徒の整列は名簿順が良い」とか言う人が見落としている事

ヤフーニュースに「生徒の整列は背の順ではなく、名簿順の方が好ましい」という記事が公開されました。この記事の内容を語ったのは現役教師だそうです。

なるほど、背の順ではなく、名簿順であれば背の低い生徒が劣等感を感じなくて済むし、名簿という変動しにくい順に生徒を並べれば管理も楽チンなので一見合理的で正しい選択のように思えます。

しかし、この記事を書いた現役教師は一つ重大な点を見落としています。

それは、「名簿順に整列させると名前があ行に近い人ほど地獄を見るシステム」だという事です。

背の順であればまだ前後が変動する可能性もありますが、名前は滅多に変わるものではないため、学年やクラスが変わろうが転校しようが進学しようが「あ行の名字の生徒」は永遠と列の先頭をやらされるハメになります。

いや単に、「生徒が全員揃っているか確認するために名簿順に整列させる」だけなら問題は少ないですし、件の記事を語った現役教師にもそれ以外の意図は無いのでしょう。

しかし、日本の学校は軍隊と同じなので生徒を並べさせるとそのまま行進させたり行動させたりするものです。ここが問題です。

恐らく一度も学校で列の先頭をやらされた事がないであろう9割の人には理解しづらい話かもしれませんが、「学校で列の先頭を務める」のはとても大変な事です(-_-;)

というのも、2番目以降の人であれば何も考えず前の人の動きをすれば良いので楽チンなのですが、先頭の人はそうもいきません。

他の生徒達がうわの空でいられる時であっても、先頭の生徒は先生の話をちゃんと聞いて「どのタイミングで動けばいいか」「進むルートや方向はどこか」「何をして何をしなくて良いか」というのをちゃんと把握・理解しておかなければなりません。

勿論、失敗したら怒られたり叩かれたり笑われたりします。

「大げさな」と思うかもしれませんが、労働に例えて言うなら他の人達は休んでいる間に自分はノーギャラでリスクの高い仕事をさせられている様なものですから、「学校で列の先頭」なんて、やらされるだけ損です。

それを固定化しようというのだから「恐ろしい」としか言いようが無いです。恐らく件の記事を書いた現役教師も学生時代に学校で列の先頭をやらせれた事が無いのではないではないでしょうか?

どうしても生徒を並べて行進や行動をさせたいのであれば、全員が交代で「列の先頭」を務めるべきでしょう。まぁ、そんな面倒な事はしないと思いますけどね…。

結論

学校は生徒達を管理する為に名簿順に整列させるところまでは問題ありませんが、整列させた生徒達を軍隊の様に動かそうとするのはいい加減やめるべきでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。