幾原邦彦展レポート

幾原邦彦展に行って来たので、レポートを書くディッシュ!(「さらざんまい」に登場するヒロインのマネ)

…って、開催は昨日まででしたね。遅くなってスンマソ(´Д`;)

行った人は懐かしむ、行かなかった人は参考としてご覧ください。

入り口には沢山のお祝いの花束が!

花束(カッパ他)

カッパの花束とは…凝ってますね!

さいとうちほ先生による花束

ウテナファン注目の花束

海馬(遊戯王の登場人物)の中の人が薔薇を送ったと思うとなんか萌えるw

作中の象徴的なキーワード(?)アの花束。凄い!

ポスターの下にあるピクトグラムがシュールw

 

ピンクの扉

謎の扉。この先には進めません。ちょっと残念⁉

壁紙

各作品に登場したアイコン達がおしゃれに描かれた壁紙

アイコン壁紙2

こっちも

幾原監督のサインが描かれた壁紙

幾原監督のサイン発見!

レオ&マナブ

出口では「カワウソイヤー!」で人気のイケメン警官二人組が皆を見送り(笑)

会場に、レオとマブのスポンオフコミックがあったので買いました(笑)


【電子限定おまけ+アマゾン限定特典付き】 レオとマブ ~ふたりはさらざんまい~ (バーズコミックス ルチルコレクション)

しかしこの本、恐ろしい程内容が薄いです。(漫画らしいオチがちゃんとついてたのは帽子の話くらいかな? 帽子の話は少し気に入っています)

アニメとも雰囲気が違いますし、「同名キャラを使ったパラレル的な外伝なのだろう」思っていましたが、驚くことに「アニメ版と話がつながっている」説があります。

ええ、本当にそうなの⁇(^^;)

赤子(アニメ版の吾妻サラと同一人物?)を拾って育てたり、家出少年の事を心配したりする人情味あふれる漫画版の彼らと、犯罪者相手とはいえ、毎回容赦なく人を殺している血も涙も無い殺人鬼なアニメ版の彼らが同一人物だとはとても思えないですよ(^^;)

自分なりに無理やり話しをつなげて考察するなら、

  1. 二人が大事に育てていたサラが死んでしまう
  2. そのショックで二人の人格が豹変
  3. サラを生き返らせる(or現世にとどまらせる)代償としてマブが機械の心臓に&欲望エネルギーを集めるようになった

…とか?

多分、いや、絶対違うとは思います。違ってたら笑ってください。

何故サラが死者かと思うかって? キャラソンがそんな感じの歌詞だからです(^^;)

こえー。ブルブル(´Д`;)

…少し話がそれましたが、幾原邦彦展にはケッピの人力車もあり、スタッフさんが写真撮影をしてくれるサービスもありました。

ケッピの人力車

さらにさらに!

幸運なことにサイン会当選したので幾原監督からサイン&握手して頂きました(≧▽≦)

「さらざんまい、毎週楽しみにしてます! カワウソイヤーが面白くてそこを何度もリピートして見てます。話も回を追うごとに面白くなっていると思います」

とだいたいそんなような事を監督に直接お話しました。

幾原監督のサイン

尊い…!

更に更に!!

なんとトークショーも当選したので「さらざんまい」の裏話を色々聞いてきました。

その話も書こう…と思ったのですが、すでにトークショーの話は他の方がネットに上げているので、余力があったら書こうと思います(^^;)

さらざんまいの感想文もしばらく書けていませんが、回を追うごとに面白くなっているので今後の展開が楽しみです。

見逃した方も大丈夫! 現在、amazonプライムでなら「さらざんまい」が見放題! アニメの放送と半日遅れで更新されているので、未視聴の方は是非!

amazonプライムで「さらざんまい」を見る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です